「13時間 ベンガジの秘密の兵士」

評価

★★★★☆

皆さん、こんにちは。

このブログでは、管理人の私が鑑賞した映画の感想を気ままに書いています。あくまでも個人の感想なので、どの映画を鑑賞するかの参考程度に使用していただければ幸いです。

 

まずは、記念すべき第一回目として、「13時間 ベンガジの秘密の兵士」を紹介します!

この作品は2016年に公開された映画で、監督はマイケル・ベイ。管理人はマイケル・ベイ作品が大好きで、この作品もとても面白かったです。(ただし、144分と少し長いです。)

あらすじですが、主人公という設定はなく元シールズなどの兵士たちで構成されたG.R.S.チームというチームが配役のキモになっている映画です。

映画全般を通して、終始緊張感があり長くても最後まで飽きることなく見続けられます。

絶対絶命の中、何とかして危機を乗り越えようとするGRSチーム、そのチームを厄介者としてみていたCIA職員たちが一致団結していく姿は王道ですが非常に面白いです。

そして、兵士は皆ひげが伸びていて、とてもハンサム。w

 

2018/6/13現在でamazon prime videoで無料で鑑賞することができますので、

戦争映画が好き、マイケル・ベイの作品が好きという方はぜひ一度ご覧になってください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です