Amazonプライム・ビデオ おすすめ映画 「ブラッド・スローン」

Amazonプライム・ビデオ おすすめ映画 「ブラッド・スローン」

どうも、こんにちは。

最近、わりかし時間があるので映画を見まくっています。

映画は一本役2時間ほどあるので、ブログでレビューを書くとなると労力が入りますね。。

どうやって映画を見る時間を取っているかというと、通勤時間を利用して細切れで見たり、さらに家に帰って時間があれば時間をとって見ています。

こういう時にはAmazon プライム・ビデオは便利ですね!動画のダウンロードができるのでオフラインで視聴できます。

ただ仕事の状況や、他にやらなければならないことがあるとなかなか更新できなくなってしまうなぁと危惧しております。

まあ、気ままにやっていこうと思います。

さて、映画に話をもどします。

人は環境適用していく必要がありますね。

IT業界の話をなって申し訳ないですが、この業界も技術の移り変わりが激しいです。

一つの技術を習得したと思ったら、次にその技術を凌駕する技術が出てくるということはよくあります。

今回紹介する映画は、環境に適用し、のし上がり、その環境の中で頂点に立った者のストーリーとなります。

「ブラッド・スローン」

評価は4となります。

あらすじ


敏腕のファイナンシャル・エグゼクティブでエリートコースを歩んでいたジェイコブ(ニコライ・コスター=ワルドー)は、頭脳明晰、容姿端麗で愛する妻ケイト(レイク・ベル)や子どもに恵まれ、順風満帆な人生を送っていた。そんな幸せで満たされた人生を謳歌していた矢先、不注意で交通事故を起こし、同乗していた友人を死なせてしまう。過失致死容疑で逮捕されたジェイコブは、裁判をしても勝ち目がないのを知り、刑期を全うするため監獄に入る決心をする。

しかし、収容された監獄は、ギャング同士が殺し合いの抗争を繰り広げる暴力が支配する世界だった。新入りのジェイコブも受刑者から理不尽な暴力を受ける。“このままでは刑期を終える前に、殺られてしまう!”ジェイコブは、この酷薄無情の悪の世界で生き抜く術は“力こそが全てだ”と悟り、体を鍛え上げ全身凶器と化していく。そして頭脳を駆使して熾烈な抗争をくぐり抜け、監獄内のギャングのトップに上り詰める。

釈放後、マネーとして生まれ変わった彼は、妻子の命と引き換えに南カリフォルニアで大きな犯罪を仕切るよう白人ギャング組織“アーリアン・ブラザーフッド”のボス、ビースト(ホルト・マッキャラニー)に強要される。男は生き残るため、そして妻子の命を守るため、人生最大の賭けに出る!!

公式サイト引用 http://bloodthrone.jp/


感想

ジェイコブの環境適応能力がすごいです。w

入所はじめての夜から、強く生きていかないとここでは生き残れないと悟り、冒頭から殴り合いをします。

皆さんお気づきかもしれないですが、ジェイコブの肉体も変化しています。

ムキムキになったジェイコブ

役作りも含めて、力の入った映画となっています。

この映画、実は本物の刑務所を撮影場所として使用したり、エキストラに本物のギャングを使用しています。

とにかく、臨場感がはんばないです。

暴力シーンも多いので、お子様とみられる方は注意してください。

家族を思いながらも、刑務所の頂点にいることを決めた男の姿を見たい方は以下からご覧ください!

Amazonプライム・ビデオ「ブラッド・スローン」


ブラッド・スローン(字幕版)