継続力について語る

継続力について語る

皆さん、お元気でしょうか。

某ウイルスが流行っておりますが、どのようにお過ごしでしょうか。

私はリモートワークを活用して、ほぼ家で作業しております。

さて、このご時世、外に出歩くことがなかなか難しく、 家の中で何かやることが多なっているまたは、この機会に何かはじめてみようと思っている方がおおいのではないでしょうか。

何か資格でも取ろうとか、 あとは、運動する機会が減って太ってきてしまったのでダイエットしようかとか。

そんな中今日は、どうやったら継続して物事を取り組めるのかについて、語ってみようと思います。

一般的なイメージとして、語学学習を含む学習、ダイエットなどは挫折率が高そうですよね。

継続するということは、何かをやりつづけるということですが、本当にこれがむずかしいですよね。

個人的にもさまざまな挫折をしてきましたが、継続することの難しさは誰もが知っていると思います。

皆さんは何かを継続してできたことありますか?
多くの人がこれらについて、なんらかの挫折経験があるとおもいます。

私自身英語の勉強を10か月ほど継続してみて、こんなことができたら続くのかなというところを経験談を踏まえて、語ってみようかと思います。

あくまで、個人的な見解ですが、継続させるコツは3つのポイントだと思っています。

習慣化

必要性

楽しさ

まず、一番目の習慣化についてです。

身近な例で説明してみたいと思います。

皆さん、お昼に歯を磨きますかね?以外と朝夜で済ませてしまう人も多いと思うのですが、私は平日、昼食後は歯を磨くようにしています。
で、この習慣は2年以上続いています。
なぜ続けられるのか。それはこれを行うことが当たり前に感じているからです。つまり、なにも違和感を感じずにルーティン化できているのですね。
習慣化さえ、できれば逆にやらないと気持ち悪く感じてしまいます。ここまでくるとほぼ勝ちになります。


この習慣化で大変なのが、最初の数か月です。めんどくさいとか、やっぱいいかなと思う気持ちになってしまう時が必ずあるのですよ。人間なので。それを乗り越えて続けていくと、自然と習慣化できてきます。

私は英語学習を10か月ほど継続しているのですが、最初の1か月、2か月は本当にしんどかったです。
それでも、何とかモチベーションを維持して勉強を続けていると、いつの間にか「あっ、今日やってない!」と思うようになります。歯磨きみたいなものですね。
それでも、「今日やっていないけど、、もう夜遅いしいいかな。。。」なんて思う日もあります。つまり、モチベーションが下がる時がどうしてもあります。ではどうやってモチベーションを維持するのかというところを次にお話しします。

次に2番目の必要性です。

これは人間の脳の仕組みにも絡んでくるところだと思うのですが、必要のないものから、忘却していき、自然と優先順位が下がってきます。

私の場合は、業務で英語でのコミュニケーションが必要だったため、自然と優先順位があがり、モチベーションを維持することができたと考えています。
もう一つ、私の体験談ですが、健康診断で生活習慣病の気があることがわかり、そこからダイエットを始めました。歯を磨く理由も虫歯になって大変な目にあったからなのですが、体の危険を感じたときも人間、結構頑張れるもので、やはり何か必要にかられないとモチベーションもあがらないことがこのことからもわかります。

最後に、楽しさです。

これについては、これまでに述べた二つと違い、どちらかというと継続していくうちに出てくるものと思っています。
例えば英語に関してですが、継続していくうちに段々、喋れたり聴き取れたりできるようになってくると、楽しくなってくるんですね

この感覚が続けば、もっとうまくなってやろうとか、いいテストのスコアをとろうという向上心が出てくると思っています。いわゆる成功体験というものなのですかね。継続していく上での重要なファクターの一つですね。

もちろん、他にも目標設定など大事なポイントはありますが、今回は三つのポイントを説明させていただきました。

何かにチャレンジしようと思っている人も多いと思いますが、それを継続させたいと思っている人がいれば、是非参考にしてみてください。